FXとは? 資産運用で人気の外国為替証拠金取引について

近年、株式投資やアフィリエイト等インターネット上でお金を稼ぐことが話題になっていますが、人気の資産運用のひとつに外国為替証拠金取引、いわゆるFXと呼ばれる金融商品があります。

これは、ドルやユーロなどの外国通貨を交換や売買する事でその差益で利益を挙げるものになります。日本でFXが始まったのは1998年からで、2000年ごろから人気が出始め、今では世代問わず幅広い年齢層から人気を集めています。

FXは、ドルなどの外貨を買って為替が変動したときにそれをまた売却しその差額で儲けることを言います。例えば1ドル90円のときに100ドル購入して、1ドル100円のときに売れば1000円の利益になります。これを繰り返し行い利益を出していくのがFXです。

FXや株と聞くと負けると多額の借金を背負うのではないか、経済に詳しくなければいけない、勉強しないといけないのではないかというイメージを抱いている方が多いと思います。確かにFXを始めたのであれば毎日経済状況を確認しなければいけませんが、基本FXを始める人は全く経済の事なんて知らなかったというような人が多いのです。

そしてどちらも多額の金額で購入できるので、確かに大量に買った状態でマイナスが出て引き際を間違えると大損してしまいます。しかし、FXであれば少額の金額から始めることができます。会社によっては4000円から可能というところもあるぐらいです。

そもそもFXとは、買いと売りのセットとなり、この売買で利益を出します。ここからが特徴で、安く買って高く売るパターンと、高く売って安く買い戻す方法の2種類で利益をあげる事が出来るのです。

つまり為替がドル高であろうとドル安であろうとどちらの状況にも対応できるというものです。又、金利の異なる2つの通貨を運用する場合には金利差が発生します。この金利差を日割りしたものがスワップポイントと呼ばれ毎日受け取ることができます。

例えば、円などの低金利通貨と豪ドルのような高金利通貨を扱う事で金利差が生じ、スワップポイントを毎日受け取ることができます。自己資金が多い場合や長期トレードに向いている手法といえます。FXを行っている方の中には、スワップポイントのみの運用を行う方も多くみえます。

そしてもうひとつ、レバレッジといって自己資金の5倍10倍などの運用も可能となっているのも人気の理由といえます。基本的に為替変動はスマホでもチェックできますし、どこにいても取り引きできるので、興味がある人は1度やってみてはいかがでしょうか。

初心者はまずデモ口座で取引を

FX初心者が口座を開いて入金し、いきなり取引(リアル取引)を始める人がいます。でもちょっと待ってください、初心者がいきなり勝てるほど甘い世界ではありません。

売るか買うかだから勝率1/2なんだから、仮に勝てなくてもトントンではないか?トントンだから悪くても資金が大きく減ることはないのではないか?と思っていきなりリアルを始めるのでしょう。

たしかに理屈ではそうなのですが、FXの世界ではなぜか1/ 2トントンではないのです。ほとんどの人が負ける!FXで勝ちづづけられる人は10%未満とも言われています。

敗北率90%以上なのです。理由はいろいろあるので割愛しますが、とにかくいきなり初心者がリアルで取引するのは危険極まりありあません。まずはデモ口座を開設し、デモ取引をお勧めします。

また、リアルな取引をするにあたっても役立つ情報を配信しているHPも多くあります。そこから情報を得ながら取引する手も有ります。
>>>FX初心者のための入門講座

今のFX業者の多くはデモ取引に対応しています。デモ取引なので、どんなに負けても1円も損害はありません(もちろん買っても1円も儲かりませんが)。このデモ取引でデモ資産が倍くらいに増えてから、リアルの取引を行いましょう。

じれったいと思うかもしれませんが、資産を無くすよりはましです。ただ、それでも勝てるという保障はありません。まずは慎重に!

FXの「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」

FXでチャートを見ていると、3種類ほどの動きが見えてくると思います。「上昇相場」と「下降相場」、そしてあまり動きのない「横ばい相場」です。各国の経済指標や金融政策の発表などで上下したり、また要人などの発言によっても相場は動きます。

それらによって相場に大きな流れが作られることもありますし、いわゆる「行って来い」の短期的な動きで終わることもあります。

各国の大手企業の業績や事業内容などの財政状況からも影響が出ることがあります。そのため、決算期も相場を読むためには非常に重要なものとなります。これらに基づいて色々な角度から分析したものが「ファンダメンタル分析」と呼ばれています。一方、そういったファンダメンタル的要因を考慮せず、過去の値動きを元に今後どうなるかを予想する分析法は「テクニカル分析」と呼ばれます。

「テクニカル分析」は、どちらかと言えば短期での取引に向いている手法のような気がします。過去のチャートの特徴から、一定の法則を見つけ出し、それに従ってトレードを行います。

どのような分析法を用いるかは人それぞれですが、その相場の流れを見極め、「順張り」「逆張り」のどちらでも臨機応変に対応できるようになりたいものですね。

トレンドの転換点を見極めよう

FXとは、外国為替市場における通貨の値動きを正しく把握していないと利益は出せません。たとえば日本円とアメリカドルの通貨ペアなら、今は円安トレンドだとか円高トレンドだとか、あるいは完全にレンジ相場に入っているようだとか、トレンドの流れを正確に知っておくほうが有利であるに決まっています。

しかしトレンドというものは、たとえどんなに力強いものであっても、それがずっと続くことなどはあり得ません。どんなトレンドも、いつかは何かのきっかけで転換点を迎えるのです。そんなトレンドの転換点を見極めることこそが、実はFXでは非常に重要なのです。

そんなトレンドの転換点を見極めるために重要になるのが、チャートのグラフです。上昇や下降のトレンドライン、それにサポートラインやレジスタンスラインなどを正しく把握して、トレンドの転換点を見極めた投資家こそが利益を手に入れることができるようになるのです。これは初心者には難しいことかもしれませんが、キャリアを積んで頑張るしかありません。

スマホのアプリを使えばどこでも取引が出来る

FXを気軽にどこでも楽しむにはスマホのアプリが便利です。為替は世界中の様々な出来事、為替に関わる人物の発言等によって日々変化しています。その変化に対応するためには速やかに取引を完了できるツールが必要です。

スマホのアプリがあれば「取引がしたい」と思ったらすぐに画面を開き、買いか売りのボタンを押すだけで取引を行う事が出来ます。パソコンと同様にチャートや経済指標といった多くの情報を把握する事も可能で、世界中の経済ニュースを見ながらドルやポンドといった世界中の通貨を使って資産運用が出来ます。

いつでも気軽に資産を増やすチャンスを得られるのがスマホアプリの魅力です。例えば仕事の休憩中、旅行中、買い物中にもアプリさえあれば、取引チャンスを見逃す事はありません。FXをする事によって世界経済の動きを理解し、ビジネスに役立つ知識が取得出来ます。

スマホのアプリは為替取引以外にも経済の状態を正しく把握するための情報が集まっているのです。

FXではスプレッドと注文機能は逃せないポイント

トレードしていると、こんな経験をよくします。スプレッドが狭い業者でやってるわけではないので、あと1PIPS下がれば利益になる場面があっても、ほとんど届かず、損切りを設定した場所の近くまで上がり、ヒヤヒヤさせてから下がるのです。

また、スプレッドのあと1PIPSを粘ったばかりに損切りになるケースもあります。スプレッドがあと少しだけ狭かったら逃げられたのにとか利益になったのにって思います。注文機能で嫌な思いをすることもあります。ボタンを1回クリックするだけで発注してくれる便利なワンクリック注文を採用している業者があるんですが、私がトレードしている会社は採用していなくて、取引通貨、注文方法、パスワードのすべてを入力しないといけません。

おかげで、相場が動き出してから多少出遅れるため、変な場所を掴んでしまいます。価格指定にしておけば間違いない値段で出来るのですが、急変動の相場でのチャンスが掴めないのです。だからこそFX業者は、スプレッドの狭さや便利な注文機能がある会社を選択すべきです。

スマホで市場を頻繁に確認する必要はなし

iphoneを購入してからスマホを触るのが癖になっています。ガラケーの頃はネットへの接続に時間がかかるためそんなに気にしていませんでしたが、今では仕事中もスマホを携帯していると暇になるとすぐに電源を入れてしまします。FXや商品先物をやっているので当然市場が気になりますが、実はそんなに頻繁に見る必要はありません。

というのもそこで少しの変化で決済を決断するくらいの利益や損失が発生するようならそれはリスクをかけすぎだと思われます。一日のうち3回程度の確認で十分です。スイスフランショックのようなことのありましたが、あれほどの出来事は1年に1度あるかないかの事件です。またそのような事態の時にはおそらく何もできないでしょう。

実際スイスフランショックの時は30分以上取引が成立せず、何もできませんでした。なので最近はできるだけスマホを持たないように遠ざけるようにしています。大切なことは気にかけないことです。夜もタイマーをセットして、早めに寝るようにし、朝は早起きしてニューヨーク市場が閉まる前に市場のレートを確認して、利益が出ていれば決済するようにしています。

FOMCの政策金利の発表は深夜2-3時くらいなので気になるところですが、これを気にすると眠れなくなるので、直近のポジションは決済して身軽にしておきます。そして翌朝トレンドがはっきりしてからポジションをとるようにしています。

FX会社の便利なクイック入金サービス

FXの口座を開設する時はスプレッドや手数料の他にもクイック入金先の対応口座を比較して決めるのもお勧めです。私はいつも気になるFX会社を見つけたらクイック入金先の口座を調べるようにしています。なぜならば、夜中でもリアルタイムに口座に反映されますし、チャンスがきたらすぐに取引できるからです。

もちろん、通常振込で口座に入金することも可能です。しかし、通常振込は口座に反映されるまでに時間が掛かりますし、銀行の営業時間外に振込むと翌日扱いになり、取引チャンスを逃してしまいます。しかも、高い振込手数料も掛かるのでなるべくクイック入金を利用するようにしています。

また、クイック入金サービスがあると急な相場の変動によるロスカットを回避することも出来ます。もちろん、逆指値注文を入れるとロスカットされることはありませんが、すぐに損切りできない方もいらっしゃるでしょうし、特にFX初心者はクイック入金先の対応口座が多いFX会社を開設しておくと安心です。

初心者の方もFX口座開設で報酬をもらいましょう。

FX初心者なので稼ぐことができないと思っている方も多いと思います。ところがそんな方でも稼げる方法があります。FXの口座を無料で開設するだけで、報酬をもらう案件がポイントサイトなどであります。もちろんポイントサイトへの会員登録も無料ですので、完全無料で、報酬をもらうことができます。

口座開設はだいたいのFX会社が無料で作れ、インターネットから名前や住所、会社情報など最短で5分程度で登録情報を入力するだけですみます。

クレジットカードの申し込みに似ていますが、審査がクレジットカードのように厳しくありませんので、主婦の方やアルバイトの方でも申し込みすれば口座を作れる場合が多いと思われます。口座を作った後も、何もしなくても口座維持手数料のかからないFX会社がほとんどですので安心です。

ただ例外で一定の期間取引がない場合は維持費がかかってくる会社もあるようなのでしっかり確認した上で口座開設をしましょう。最近では、口座開設後に入金を条件としているところもありますが、入金しておくだけで報酬をもらいますし、入金したお金は、取引をしたくなければ出金すれば、元の状態になりますので安心です。